社員コラム
COLUMN

医療経営

医院のスタッフ採用3つのポイント(1)

前回、「医院のスタッフ採用3つのポイント」では採用のポイントを3つあげました。今回は、”1.医院に合った求人広告媒体を選ぶ”について説明いたします。

■医院に合った求人広告媒体を選ぶ

以下の手順にそって医院に合った求人広告媒体を選択します。

1.医院の方針に合った理想のスタッフ像を描く

2.その人たちが使う広告媒体を決定する

3.興味を持ちそうなキャッチコピーを掲載する

1.医院の方針に合った理想のスタッフ像を描く

医院に合った求人広告媒体を選ぶのに必要不可欠なプロセスです。もっとも重要な点です。以下のような内容を具体的にイメージします。

[考え方]: 医療従事者としての誇り サービス業としてのホスピタリティ精神
[資格]: 歯科衛生士 歯科技工士 栄養士 大学・短大卒
[容姿]: 清潔感がある 清楚である 身だしなみが整っている 黒髪である
[性格]: 明るい 元気がある 積極性がある プロ意識がある 社交性がある
[スキル]: 自然な患者対応ができる 患者指導が出来る スタッフ指導が出来る

2.その人たちが使う広告媒体を決定する

理想のスタッフ像の対象となる人たちは、どうのような求職活動をおこない、どんな媒体を使うでしょうか?

医院の最寄り地域から募集
新聞折込や院内掲示(期間を限定するほうが良い)やハローワーク
交通機関を利用した通勤圏内の募集
フリーペーパーや広範囲の新聞折込
新卒採用
専門学校での求人や就職活動が始まるタイミングでの有料雑誌

3.興味を持ちそうなキャッチコピーを掲載する
彼女(彼)たちの心に響く言葉です。 まだ会ってない人に医院を想像してもらいます。医院は何を伝えたいのか? それが彼女(彼)たちを動かします。


医院も選ばれる

求人広告でおざなりになってしまうのは、用意周到な採用面接や採用後の受入体制です。選ばれるのはスタッフだけでなく、医院も選ばれることを忘れないようにしてください。

■歯科医院の経営環境と雇用情勢の変化 過去の慣習から脱皮を

大半の歯科医院は過去の慣習を用いて求人広告を載せ採用しています。歯科医院の経営環境が厳しさを増す一方、労働意識も変わってきています。そこから医院とスタッフのミスマッチが生じます。求人方法が多様化した昨今、募集の対象を絞り込み、効率よい広告を打ち出し、事前のミスマッチをできるかぎり回避する求人活動が求められています。

お問合わせCONTACT

ご質問やご相談は、お電話またはメールにてお気軽にお問合わせください