個 人

遺言作成

公正証書遺言の作成までの流れ

遺言の作成にあたり、遺言を作るお客様のご意思を決定していただくことはもちろん、ご自身の財産の把握や推定相続人の確認など、とても重要なことがたくさんあります。 当社では、お客様がスムーズに遺言書を作成できるよう、ご相談と確かなサポートをご提供させて頂きます。

0~3ヶ月
1 遺言をされる方のご意思の確認
言作成の趣旨や分配方法などをご一緒に検討していきます。
1~6ヶ月
2-(1) 保有財産と推定相続人などの確認
お客様の保有財産の把握・推定相続人等確認のために、下記の資料をご用意していただきます。税理士・司法書士による戸籍などの取り寄せが代理できます(費用は実費となります)。
2-(2) 遺言書の作成・修正
検討したご意思をもとに、当社にて遺言書の原案を作成・修正いたします。
2-(3) 公証人役場にて作成
(2)にて作成した原案をもとに、公証人役場にて公証人の面前で、遺言者と証人2人と共に公正証書遺言を作成いたします。
3 公正証書遺言書の完成
一連の流れにて通常2ヶ月から6ヶ月かかります
遺言に必要な準備資料
  1. 遺言者の戸籍謄本・除籍謄本・原戸籍謄本(出生から現在に至るまで)
  2. 遺言者の住民票
  3. 遺言者の印鑑証明
  4. 遺言者の実印
  5. 土地・建物の固定資産税評価証明書
  6. 土地・建物登記簿謄本
  7. 預貯金の通帳・残高証明書など
  8. 株式の銘柄、債権など種類のわかるもの
  9. 負債の確認
  10. その他財産に関する資料

»次へ進む

お問い合わせ075-343-0870