法 人

遺言作成

法定相続人

死亡に際して誰が相続人になるか、民法では相続人の範囲とそれぞれの相続割合を規定しています。 遺産の分割は、実際には遺言や相続人による分割協議によって決まる場合がほとんどですが、遺言がなかったり、相続人の協議が整わないときには、家庭裁判所にて調停・審判することになります。その際には、この「法定相続分」が基準になります。

法定相続割合

法定相続割合

実子と養子の相続分は同じです。 相続人になるはずだった方がすでに亡くなられてる場合、その相続人の子へ相続権を引き継ぎます(代襲相続人)。この場合相続割合は引き継ぎます(これを子の人数で分割します)。

»次へ進む

お問い合わせ075-343-0870