創業

会社設立

会社設立までの流れ

会社設立から各省庁への届出まで、全て当社にお任せください。

株式会社の設立には、「発起設立」と「募集設立」がありますが、ここでは「発起設立」について説明します。

  1. 発起人の決定

    発起人1名以上

  2. 基本的事項の決定商号・目的・本店所在地・資本金額・役員など
    最低限決めなければいけない事項
    • 商号
    • 公告の方法
    • 本店所在地
    • 株式譲渡制限の有無
    • 目的
    • 事業年度
    • 資本金額(出資額)
    • 役員(取締役・代表取締役等)
    • 発起人(出資者)
    • 役員の任期(最長10年)
    • 株式数(設立時の発行数、上限数)
  3. 定款・代表印の作成

    個人の印鑑証明書も申請に必要です。

    発起人用
    1通
    取締役用
    1通
    計2通
  4. 定款の認証公証人による定款の認証
    公証人手数料
    約5万円(52,000~53,000円程度)
    定款用収入印紙
    4万円(電子認証の場合は不要)
  5. 出資金の払い込み金融機関へ出資金の払い込み

    通帳コピー(発起設立の場合)

  6. 設立登記申請本店所在地を管轄する法務局に申請

    登録免許税15万円(資本金の7/1000 最低15万円)

    ※司法書士・行政書士への手数料は別途必要

    登記完了後は…

  7. 各官庁へ届出
    • 税務署
    • 年金事務所
    • 都道府県
    • 労働基準監督署
    • 市町村
    • ハローワーク

お問い合わせ075-343-0870

法人税申告
個人の確定申告
相続税の申告
贈与税の申告
創業
税制改正ニュース