医療コンサルティング

医院承継

承継者・承継方法の選定

  親族承継 第三者 M&A 廃院
メリット ・親族ということで患者様が受け入れてくれやすい
・後継者が早期に決定できるため、比較的長期間準備ができる
・引継ぎがスムーズにいくことが多い
・本当に医院を継ぎたい人に引継いでもらうことができる
・勤務医の方にまかせる場合には、引継ぎがスムーズにいくことが多い
・営業権も取引金額として考えることができる
・現医院長の生活保証を考えて取引することができる
 
デメリット ・後継者に能力があるかは判断しにくい
・相続人が複数いると財産の分配でもめることがある
・引継ぎをする方の資金力が問題となる
・個人債務保証の引継ぎ等の問題がでてくる
・既に治療終了している患者様への対応の責任の問題がでてくる
・市場が広くないため、すぐに買い手が見つかるかは不明
・今後の生活保証がない
・スタッフや取引先にも迷惑がかかる
親族承継の場合の検討事項
  • 個人診療所の場合
     医院の設備の引継ぎへの検討
     他のご兄弟との分割への検討 など
  • 医療法人の場合
     出資持分の検討
     理事・幹事の検討 など
第三者承継の場合の検討事項
  • 医院を譲り渡す金額をどうしていくか
  • 過去の患者様への対応など
M&Aの場合の検討事項
  • 医院を譲り渡す金額をどうしていくか
  • 過去の患者様への対応
  • 行政手続きへの対応

お問い合わせ075-343-0870