税務なんでもQ&A

税務なんでもQ&A

Q.路線価は何に使われる?

路線価は相続税や贈与税を計算する際、土地の評価額を算出する為に使います。
「路線価」は、路線(道路)に面する宅地の、1㎡当たりの価額のことをいい
一般的には、相続税や贈与税の基となる「相続税路線価」のことを指します。

相続税路線価が定められていない地域については・・・
「固定資産税評価額」に、地域によって決められた倍率を乗じて算出します。

実際に売買される価格は「実勢価格」と呼びますが
「相続税路線価」は「実勢価格」の、おおよそ80%程度と言われています。
一方、
「固定資産税評価額」は「実勢価格」の、おおよそ70%程度と言われています。

そして実際の取引の際に「実勢価格」の参考指標とされるのが
「公示地価」であったり「基準地価」です。

参考までに・・・
・実勢価格:実際の取引価格
・公示地価:国土交通省から、1月1日時点の価格を、毎年3月に発表
・基準地価:都道府県から、7月1日時点の価格を、毎年9月に発表
・相続税路線価:国税庁から、1月1日時点の価格を、毎年7月に発表
・固定資産税評価額:市町村から、1月1日時点の価格を、3年に1回公表(3年毎に評価替え)

以上で、5つの「価格」が出てきました。
土地ひとつをとっても、いろいろな価格が存在していますね

これを評して「一物四価」とも、「一物五価」とも呼ばれています。

お問い合わせ075-343-0870